SEO内部対策~CSS編~

◎SEO内部対策~CSS編~

CSS を活用してHTMLからデザインの指定を切り離してCSS は外部ファイルにして呼び出す方法がSEOの内部対策では有効です。HTMLから余分なテキストをなくせるため効果は高いです。
css は、 HTMLだけで指定するよりも表現力に優れ、細かな表現が可能 なため、最近では非常によく 利用されるようになっています。 HTMLのスタイル情報をスリム化できるcss を利用することは、SEO対策としても意味があり ます 。css を使うことで、ページを構成する HTMLのデータから、レイ アウトやデザイン等に関する情報を減らす こと ができるからです。CSSは、HTML中のスタイル情報を減らすことができ、キーワード の密度を高めることができます。またく body タグやpタグの直後など、検索エンジンが重要視する部分にスタイルを指定するタグを配置する必
要がなくなるので、その点でもSEO対策として非常に意味があります。

SEOを重視したレイアウトにも活かせる css を利用することで、SEO対策を重視したレイ アウ トを組 むこともできます。 これまではページのレイアウ ト設定に、tableタ グを使っているケースが多く見られました。 しかしtable タグを使っ たレイアウ トでは、サイズを調整するためにHTML内に たくさんのタグを入れなければならなかったり、必ず左上に表示するものから記述しなければならないなどの制約が生まれてしまいます。 例えば、以下のよう なレイアウ トを組む場合、table タグを使うと 、サイドバーのデータを主要な情報よりも前に置く必要がありま した。
しかし css を利用すれば、主要な内容のデータをサイ ドバーより上に記述することができます。

このように、 CSS を活用すれば、ページのレイアウトに関係なく重要 な情報をHTML の上部に配置することが可能です。検索エンジンは、 HTML の上部に書かれて いるデータほど重要だと見なします。そのため、 ページの主要な情報を上に記述できるのは、大きなメリッ 卜と言えるでしょう 。
また、CSS を別ファイルにすることで、 HTML のレイアウトやデザインに関 する情報を、 HTML 内からほとんどなくすことができます。HTML 内 における無駄な要素を減ら し、キーワードの密度を上げることが可能に なるわけです。また、 CSS 部分のデータの修正や変更もやりやすくなる ため、 一石二鳥のテクニックと言えるでしょう 。