ペンギン?パンダ!?

多くのWeb サイトの運営者や管理者の中で、 SEO 対策が、注目されているようですが、実際に、正しい管理や運営が行われている中では、自然発生的に Web サイトが評価され、ユーザーたちからも支持されるといったことが、望ましいのですが、ライバルたちなどの競合の中で、多くの集客数を得て行くには、正しい SEO が行われていく必要があるでしょう。実際に、従来行われていたような悪質、かつ詐欺まがいの対策は、ペンギンアップデート、もしくはパンダアップデートなどといったような形で、 Google からのペナルティは実地されているようです。このような Google からの 作為は、「ペンギン」もしくは、「パンダ」に表されているように、悪さをしている関連業者等に、「白黒」つけさせるといったような意味合いがそこには秘められているようです。主に、ペンギンのアップデートは、外部からの不正なリンクを無効化したり、ペナルティを加えたりしているようで。すまた、パンダアップデートは、内容のないコンテンツや、内容の薄いウェブページに施され、また、著作権を侵害されるなどと言われているコピーコンテンツなどに対しても、厳しい対処を行っているようです。このような形で、見掛け倒しの Web 運営や、制作を行っている関係者等のウェブサイトは、 Google の監視によって、正当にウェブサイトを運営している人々に、検索エンジンの上位ランキング表示をもたらしているので、実際には、このような詐欺まがいの対策をしている Web サイト運営者や管理者は、ゼロにはなっていないなどと言われていますが、大変リスクの多い手法であるということは周知されたようですので。皆さんがそのような手法に、手を染めない限りはそのようなペナルティを受けることはないでしょう。

グーグルサーチコンソールの機能

 グーグルサーチコンソールは多くの機能を具えています。例えばグーグルはウェブサイトのエラーを検出するのですが、そのレポートを纏める役割を果たします。また、質の高いサイトの特徴を、利用者に通知する仕組みも整っています。さらに、リンク付けされた時の、元サイトのデータを抽出してくれたり、インデックスの現状を教えてくれたりします。これらの機能はSEO対策する上で大いに役立つことは間違いありません。他にも専門的な機能が実装されており、クローラーの制御に使用されるsitemap.xmlを送信したり、クローラーを呼び込んだりすることが出来ます。

技術者でなくても分かるのは、検索アナリティクスでしょう。いわゆるインプレッションやCTRといった概念も、人工に膾炙するようになりました。検索アナリティクスを使用すれば、CTRを改善することも出来ます。

SEOの中には、スパムリンクに対応するための施策があります。例えば、マイナス評価を避けるために否認ツールで対抗するのですが、この否認ツールもグーグルサーチコンソールがカバーしています。グーグルサーチコンソールは、細かなツールの総体でもあり、スニペットを制御するツール、構造化データのマークアップのためのツール、リッチカードの制御のためのルール等々を兼ねているのです。グーグルサーチコンソールはさらに、スマートフォンを始めとしたモバイル端末にも対応しており、アプリに関する分析も容易に行えます。アプリ内のクローリング、検索結果ページとの連携が実現しているのはそのためです。

お客様の「表向きのニーズ」と「本質的なニーズ」

マーケティング戦略やSEO対策の中においては、お客様の本質的な動向を探る事が、それぞれの戦略にとって重要視されています。「お客様の動向」=「ニーズ」などと、マーケティング用語などでは呼ばれているようです。今回のマーケティング戦略&SEO対策を考察する為のプロセスにおいては、それぞれのお客様の「ニーズ」を2種類に分類し、「表向きのニーズ」と「裏側のニーズ」として考えてみましょう。マーケティング戦略やSEO対策において、お客様の「ニーズ」を読み取る時に、「表向きのニーズ」に隠れるように「裏側のニーズ」が存在する事を仮定しながら、それぞれの戦略を考察していきたいと思います。お客様が、商品やサービスを手に取って購入する訳として、お客様の「ニーズ」が、その働きかけを行ってくれます。お客様が、その商品やサービスに「ニーズ」を見出したからこそ、購入にまで至った訳なのです。逆に、お客様が、皆さんが提供する商品やサービスに「ニーズ」を感じなければ、お客様は、商品やサービスから離れて行ってしまうでしょう。「ニーズ」には、「表向きのニーズ」と「裏側のニーズ」があると申しましたが、これは、「お客様の本質的なニーズ」を読み解く、とも言い換えられます。例えば、通信販売を利用して「ミキサー」を購入したお客様がいたとします。このお客様は、「ミキサー」がただ単に欲しくて購入したのかもしれませんが、その裏側には、「ミキサーを使って、毎朝スムージードリンクを作る事で、ダイエットをしたい」と考えているかもしれません。この場合、お客様の「表向きのニーズ」は、「ただ単に、ミキサーが欲しい」ですが、その「裏側のニーズ」として、「ミキサーを使って、スムージードリンクを作り、ダイエットしたい」という本質的なニーズが隠れているかもしれません。この場合のお客様の「本質的なニーズ」は、ミキサーを購入する事ではなく、「ダイエット」をしたいという事になります。お客様の、「表向きのニーズ」に隠れた、本質的なニーズを読み解くことは、マーケティング戦略の新たな突破口を見出すキッカケとなったり、SEO対策における隠れた「キーワード」をみつける鍵と成り得る新たなる可能性を秘めています。

自然検索結果とは

 まず、ここではGoogleで「野球 ホームラン」と検索した場合で解説します。訪問者の目的は「野球の試合でホームランを打った人を見たい」「ホームランを打つコツを知りたい」といったものでしょうか。
検索結果には広告やスポンサーという文字が明記されている場合があります。この広告以外の部分が検索結果であり、この部分のことを「自然検索結果」(オーガニック検索結果)と呼んでいます。広告ではなく自然に表示された、という意味合いでの自然検索です。
検索エンジンは訪問者が入力したキーワードに対し、自然検索結果と広告を別々に処理して、それぞれ最も訪問者の目的に近い結果を表示しています。

検索エンジンによるインデックスの重要性

 クローラーと呼ばれる検索エンジン会社が持つ、世界中のサイトを自動的にチェックするシステムが集めてきたページには、その内容を単語ごとにバラバラにして分析され、ページが「何について書かれているか」「どんなキーワードを含んでいるか」「どこからリンクされ、どこにリンクしているのか」等の評価で、データベース化されています。この処理を「インデックス」と呼び、訪問者がキーワードを入力すると、検索エンジンは瞬時にそのキーワードに見合ったサイトを探し出して、訪問者の目的に近いと判断した順に並べ替えて表示しています。つまり、検索結果に表示されるためには、まず自分のサイトが検索エンジンにインデックスされる必要があり、それがとても重要であることが分かります。

自動化されたク工リ

「その他のキーワード、関連キーワード」を利用したスパムに関連した話題として 、Googleの利用規約では、自動化されたクエリはその種類にかかわらず、Googleからの明示的な許可を事前に得ることなくGoogleのシステムに送信することが、禁止されているということを覚えておきましょう。
リソースの浪費につながる自動化されたクエリの送信には、WebPosition Goldなどのソフトウヱアを使って自動化されたクエリをGoogleに送信し、さまざまなクエリによる Google検索結果でのWebサイトやWebページのランクを調べようとする行為も含まれます。

SEOにおける外部要因と内部要因について。
SEOの施策は大きく外部要因と内部要因に分けられます。
以前は外部要因が重要視され、さまざまな外部要因UPのためのスパム行為が横行しました。
しかしその影響で、現在では内部要因が重要視されつつあります。
つまり、外部要因の評価に重点を置くと、悪いことをする人たちが多いので、Webサイトの真の評価である内部要因が見直されてきたのです。
もちろん、外部要因を無視するということではなく、従来通り被リンクなども評価の対象になっています。こちらもスパム行為の影響で、「本数」重視から「質」重視へと様変わりしています。
つまり、リンクファームなどから数百本、数千本という被リンクを受けても、大きなプラス要因になることはなく 、リンクの本数が少なくてもPageRankの高いWebサイトからの被リンクを重要視するように見直されてきました。

パンくずリスト

クローラビリティ向上のために、パンくずリストも活用しましょう。パンくずリストとは、童話のへンゼルとグレーテルに出てくる「パンくず」からきている言葉です。
童話では、主人公のへンゼルとグレーテルが森で迷子lこならないようにと道にパンくずを置きながら歩きました。この話にちなんで、パンくずリストはユーザーがWebサイト上で、迷子にならないようにページの階層構造を明確にする役割があります。
もともとは、Webサイト訪問者に今いる場所を伝える役割を担っていましたが、 Googleのクローラーがページを巡回する際の手助けにもなっています。また、パンくずリストをクリックすることによって、行きたいページに移動することができるので、ユーザビリティ的に使いやすいWebサイトにもつながります。

検索エンジンの歴史

検索エンジンの歴史は、常に試行錯誤の連続です。たった数分の間だけでも、大きく変更している可能性もあるのです。

そもそも被リンクを評価するようになる以前は、 Webページ内部のテキストを見て、使用回数が多いということが評価対象とな っていました。例えば、「 SEO対策」で上位表示したければ、「 SEO」対策を繰り返し、ページ内部に多く使用するということで上位表示できていたのです。
しかしこれでは、 小手先の内部対策によって順位が決定してしまうこととなるため、これを是正しようとしたのが、評価の高いサイトからの被リンクによる評価とな ったのです。
評価基準が未熟であるからこそ、外部を目安にしな ければならないという現状があったということですね。

方向性としては、その後、内部を推奨する発言や発表があり、再度内部を重要視する流れとなりましたが、結局、内部のみで評価できるほどの技術力を未だ持ち合わせていないというのが現状であり 、第3者の評価を必要としているのです。

被リンクが全くない、もしくは 1、2本程度の少なすぎる Webサイトにおいては、 Googleが正当な評価を行うことが難しいという実情があります。よって、そのための外部(被リンク)対策は必須です。
しかし、外部評価においても、アルゴリズムの技術革新が進み、単純に被リンクの数を増やせば上位表示できる時代はやがて過ぎ去りました。被リンクを多く張っていくことで、不当に上位表示させようとする輩が増えたことで、それを是正しようとする Google の技術革新の結果、量から質へと変化していったのです。

検索エンジンに評価される運営方法

SEO は、「一度対策してしまえばそれで終わり」というものではありません。実は、ブログの運営状態が、表示順位に影響することもあるのです。検索エンジンのロボットは、定期的にブログを巡回しています。なぜ巡回しているのかというと、ブログに何か変更があったのかどうかを確認するためです。ここで、 一定期間何も変更がなかった場合、ロボットが来なくなることもあります。したがって、できるだけブログは更新するといいでしょう。どうしても更新できない場合は、日付を変えるなど、少しでもいいので変化させるといいでしょう。また、検索エンジンは、ブログを長く運営すればするほど、高く評価してくれるようになります。これは、スパムは長く続かないので、長く生き残るブログは優良なブログだと判断されるためだといわれています。といっても、ブログを長く運営するのも大変です。

効果的なキーワードの個数は、1記事あたり2個以内

SEOにおいてキーワードを選択する際、使用するキーワードの候補として多くの単語を考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
ここで注意が必要なのは、キーワ ードは多すぎても逆効果になりかねないということです。

なぜなら数多くのキーワードを入れこんだ記事の場合、1つ1つのキーワードの重要性や訴求力が下がってしまいます。

そのため結果的に、検索エンジンでの検索結果での順位も下がってしまう可能性も高くなってしまうことでしょう。

 

記事1つあたりに入れ込むキーワードは、1~2個に収めておくのがもっとも効果が出やすいと言われています。

何個も入れようと欲張りすぎず、しっかりと厳選したキーワードのみを使用するのがお勧めです。