検索エンジンに評価される運営方法

SEO は、「一度対策してしまえばそれで終わり」というものではありません。実は、ブログの運営状態が、表示順位に影響することもあるのです。検索エンジンのロボットは、定期的にブログを巡回しています。なぜ巡回しているのかというと、ブログに何か変更があったのかどうかを確認するためです。ここで、 一定期間何も変更がなかった場合、ロボットが来なくなることもあります。したがって、できるだけブログは更新するといいでしょう。どうしても更新できない場合は、日付を変えるなど、少しでもいいので変化させるといいでしょう。また、検索エンジンは、ブログを長く運営すればするほど、高く評価してくれるようになります。これは、スパムは長く続かないので、長く生き残るブログは優良なブログだと判断されるためだといわれています。といっても、ブログを長く運営するのも大変です。

効果的なキーワードの個数は、1記事あたり2個以内

SEOにおいてキーワードを選択する際、使用するキーワードの候補として多くの単語を考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
ここで注意が必要なのは、キーワ ードは多すぎても逆効果になりかねないということです。

なぜなら数多くのキーワードを入れこんだ記事の場合、1つ1つのキーワードの重要性や訴求力が下がってしまいます。

そのため結果的に、検索エンジンでの検索結果での順位も下がってしまう可能性も高くなってしまうことでしょう。

 

記事1つあたりに入れ込むキーワードは、1~2個に収めておくのがもっとも効果が出やすいと言われています。

何個も入れようと欲張りすぎず、しっかりと厳選したキーワードのみを使用するのがお勧めです。

 

SEOを成約に結び付ける

成約に結び付きやすいサイトとは、まとめると次のようになります。

・わかりやすいサイト

デザインは特にみすぼらしくなければ大丈夫ですが、とにかくわかりやすいサイ トにしましょう。そのためには、何をやっているサイトなのかをページ上部に大きくはっきり表示させる必要があります。「そんなこと当り前じゃないか』と思われ るかも知れませんが、実はこれができていないサイトが非常に多いのです。デザインのみを重視し過ぎたり、サイトに難解なヒネリを入れたりすると、これとは逆のことになってしまいます。
決して自己満足ではなく、初めて見に来る利用者の目線に立ってサイトを制作し ましょう。

・購入するメリッ卜があるサイト

よほどあなたのサイトでしか売っていないようなものでない限り、見に来た人は他のサイトでの購入を比較検討します。明確にここで買うメリットを感じない限り、他のサイトヘ行ってしまいます。あなたのサイトで買うべき理由、そしてなるべく 今すぐ買うべき理由を強調しましょう。

・信頼性の高いサイト

いくらサイトがわかりやすく、かつ良い商品だと思っても、信頼性に乏しいサイ トでは成約に結び付きません。 信頼性を高めるためには次の2点を行いましょう。

①体験談を充実させる

②運営者の言葉と顔を載せる

サイトは常に利用者目線で作りましょう。購入に至るためには、利用者のすべての疑問に的確に答える必要があります。それがすぐにわかるように表現できれば勝ちです。

台湾ヘ向けたマーケティング

台湾のネット普及率は69%と、アジアでも比較的高い部類に入ります。ユーザーの7割がFacebookアカウントを保有するなど、ソーシャルメディアも浸透してきています。オンライン広告市場は3.46億USドルで、今後も成長が予測されます。また、台湾の主要言語は中国語ですが、中国本土とは違い繁体字が使われているので、中国大陸向けとは別に繁体字のウェブサイトを構築する必要があります。 台湾は世界的に見ても、Yahoo!のシェアが高い国のlつです。Yahoo! TaiwanとGoogleが半数ずつを占めているため、両方へのSEO SEMが必要になります。 ちなみに、中国ではトップシェアを誇るBaiduですが、台湾でのシェアはわずか0.1%しかありません。中国とはまったく別のマーケットとして、マーケティング戦略を立てる必要があります。

 

Googleの検索エンジン

 Y a h o o ! J A P A N は、 G o o g le の 検 索 エン ジンと検索連動広告配信システムを採用すると公表しました。基本的には、Googleと同じアルゴリズ ム で 検 索 サ ー ビ ス が 提 供 さ れ て い ま す 。

日本国内での検索エンジンシェアは、 、 Googleが39,6%YahoolJAPANが50.4%と言われていました 。Yahoo! J A P A N の 検 索 も 含 め る と 、 日 本 で は 9 0 % も の シ ェ ア で G o o g le の 検索エンジンが使われていることになるので、今後の SEO対策は、 Googleを中心に考えましょう。

日本における検索 エンジンは、 Googleや Yahoo!JAPAN以 外 にら多数存在しています。主な ものは、Bing、Ask,AOLなどで、 日 本  の 場 合 は Google、 Yahoo!JAPAN以 外 の これ ら数 社の合計シェアが 10%ほどとなっ ています。

Googleの検索エンジンについて

Googleの検索順位決定のアルゴリズムは、 複雑と言われています が、基準ははっきりしています。被リンクの量と質が重要視されてい るのが特徴で、情報量が多く、質の高いサイ トは上位に表示されるケ スがほとんどです。Googleのサイ ト運営に関するガイドラインを確 認することにより、理想的なサイ トの構築を行うことができます。

S E O を 行 う こ と を 考 え る と 、 Y a h o o l J A P A N が G o o g le エ ン ジ ン を 導 入 し た こ と に よ り 、 シ ン プ ル に 考 え て 行 動 で き るようにたよっ た と言えるで しょう。

デザインとSEO

Web技術も多岐にわたり、フォントは、 多くのユーザーが見やすい大きさにな っていて、判別に困らない色 であることが必要です。小さい文字の方がカッコイイであるとか、 判別できないような文字だけれども、デザインを重視して 薄い色 を使うなどという、独りよがりの論理は避けるべきなのです。 デザインはもちろん重要な要素です。しかし、自分自身がよいと 思っていても、多くのユーザーが見にくいなら、それは誰のための Webサイトなのでしょうか。Google が推奨する仕様は多くのユー ザーから支持される仕様になっているか考え、ガイドラインに 沿ったっくりとなるようにしましょう。

Bing対策

Bing は Google に続いて世界2位のシェアを誇る検索エンジンです。SEO対策としては、Google同様、サイトの内部と被リンクの対策が重要です。

CTR

検索結果からのCTR(クリックされた割合)を重要視する傾向にあります。すなわち、自然検察からクリックされる割合が高ければ高いほど上位表示に良い影響を及ぼすということです。このため、検索結果に表示されるタイトルタグに単純にキーワードを挿入するだけではなく、ユーザーのクリックを促すような魅力的な文章を作成する必要があります。

ウエブマスターツール

Bingは独自のウェブマスターツールを提供しています。URL申請、サイトマップの設定、インデックス数など、SEOを行うために有益な情報を提供しています。Microsoft公式サイト内(http://www.bing.comltoolboxiwebmaster)に使いかたが記載されているので、詳細はそちらをご覧ください。

段階(フェーズ)に分けて考える

ここで、SEO対策には4つの段階があることをお話します。段階に分けて考えることによって、どの段階に問題があるのかが明確になります。さらに、解決方法においても、段階別での対策を行うことができます。

[フェース、1]ロポット巡回

Webサイトの中身を確認し、順位付け等を記録する検索エンジンのシステムのことを、ロボットと言います。ロボットはWebサイトを定期的に巡回し、サイトの価値を判定しています。そのため、まずは、検索エンジンのロボットに自分のページを訪問してもらう必要があります。

[フェーズ2]インデックス追加

検索エンジンがWebページをデータベースに登録することをインデックスと言います。ロボットが巡回しても、インデックスされなければ、そのページはキーワード検索による閲覧がまず不可能になります。そのため、第2段階としては、自分のWebページを検索エンジンのデータベースにインデックスしてもらう必要があります。

[フェーズ3]アルコリズム適合

ロボットが巡回しインデックスに追加され、仮に検索されていても、上位表示されなければユーザーに見てもらうことは大変難しくなってきます。検索結果の上位に表示されるには、検索エンジンのアルゴリズムに適合したページを作成する必要があります。このように、アルゴリズムに適合するとは、検索エンジンの上位表示のルールに適合するということです。

[フェース、4]ペナルティ回避過

剰な、または間違ったSEO対策、その違反行為のことをペナルティ、またはスパムと呼びます。ロボット巡回やインデックス追加、そしてアルゴリズム適合のすべてをクリアしでも、ペナルティを受けてしまえば、元も子もありません。場合によっては、インデックスが削除されます。

 

サテライトサイトにお勧めなのはWordPress

サテライトサイトを作る上で、もっとも便利な CMS が WordPressです。 サイトの外観を簡単に変更できる「テーマ」と呼ばれるテンプレートが豊富 で、スマー卜フォンからの閲覧 に対しても簡単に対応できます。また、 WordPress の自動設定をレンタルサーバーが用意していることも多いので、 作成開始から完成までの作業が非常に楽です。利用者も多いので、サテライ トサイトの半分はWordPressで、作成していいと思います。 サテライトサイトは手軽に作成できるWordPressを利用します。

ソーシャルブックマークの活用

ソーシャルブックマークの活用は もはや必須です。アクセスアップのために最も必要なのは、 言うまでもなくサイトの認知度を高めることです。SEO対策を施して検索エンジンにおける上位表示を目指すのも、インターネッ トユーザーや検索ロボッ
トに認知されるための環境を整えることが 目的なのです。その認知度をアップする方策として、いまや必須ともなっているのが SNSと並ぶソーシャルメディアの代表格であるソーシャルブックマーキングサービスの活用です。一般的な「ブツクマーク」とは、自分の気に入ったサイ卜や頻繁に訪れるサイトのURL をブラウザの「お気に入り」に記憶させること。一方、ソーシャルブックマークはプ口バイダーなどが開設した専用のサイト内に自分の「お気に入り」を保存し、他人と共有できるサービスです。見方を変えれば、自分の「お気に入り」がウェブ上に公開されることになるわけで登録したサイトの認知度は、確実に上がるわけです。