自動化されたク工リ

「その他のキーワード、関連キーワード」を利用したスパムに関連した話題として 、Googleの利用規約では、自動化されたクエリはその種類にかかわらず、Googleからの明示的な許可を事前に得ることなくGoogleのシステムに送信することが、禁止されているということを覚えておきましょう。
リソースの浪費につながる自動化されたクエリの送信には、WebPosition Goldなどのソフトウヱアを使って自動化されたクエリをGoogleに送信し、さまざまなクエリによる Google検索結果でのWebサイトやWebページのランクを調べようとする行為も含まれます。

SEOにおける外部要因と内部要因について。
SEOの施策は大きく外部要因と内部要因に分けられます。
以前は外部要因が重要視され、さまざまな外部要因UPのためのスパム行為が横行しました。
しかしその影響で、現在では内部要因が重要視されつつあります。
つまり、外部要因の評価に重点を置くと、悪いことをする人たちが多いので、Webサイトの真の評価である内部要因が見直されてきたのです。
もちろん、外部要因を無視するということではなく、従来通り被リンクなども評価の対象になっています。こちらもスパム行為の影響で、「本数」重視から「質」重視へと様変わりしています。
つまり、リンクファームなどから数百本、数千本という被リンクを受けても、大きなプラス要因になることはなく 、リンクの本数が少なくてもPageRankの高いWebサイトからの被リンクを重要視するように見直されてきました。

パンくずリスト

クローラビリティ向上のために、パンくずリストも活用しましょう。パンくずリストとは、童話のへンゼルとグレーテルに出てくる「パンくず」からきている言葉です。
童話では、主人公のへンゼルとグレーテルが森で迷子lこならないようにと道にパンくずを置きながら歩きました。この話にちなんで、パンくずリストはユーザーがWebサイト上で、迷子にならないようにページの階層構造を明確にする役割があります。
もともとは、Webサイト訪問者に今いる場所を伝える役割を担っていましたが、 Googleのクローラーがページを巡回する際の手助けにもなっています。また、パンくずリストをクリックすることによって、行きたいページに移動することができるので、ユーザビリティ的に使いやすいWebサイトにもつながります。

検索エンジンの歴史

検索エンジンの歴史は、常に試行錯誤の連続です。たった数分の間だけでも、大きく変更している可能性もあるのです。

そもそも被リンクを評価するようになる以前は、 Webページ内部のテキストを見て、使用回数が多いということが評価対象とな っていました。例えば、「 SEO対策」で上位表示したければ、「 SEO」対策を繰り返し、ページ内部に多く使用するということで上位表示できていたのです。
しかしこれでは、 小手先の内部対策によって順位が決定してしまうこととなるため、これを是正しようとしたのが、評価の高いサイトからの被リンクによる評価とな ったのです。
評価基準が未熟であるからこそ、外部を目安にしな ければならないという現状があったということですね。

方向性としては、その後、内部を推奨する発言や発表があり、再度内部を重要視する流れとなりましたが、結局、内部のみで評価できるほどの技術力を未だ持ち合わせていないというのが現状であり 、第3者の評価を必要としているのです。

被リンクが全くない、もしくは 1、2本程度の少なすぎる Webサイトにおいては、 Googleが正当な評価を行うことが難しいという実情があります。よって、そのための外部(被リンク)対策は必須です。
しかし、外部評価においても、アルゴリズムの技術革新が進み、単純に被リンクの数を増やせば上位表示できる時代はやがて過ぎ去りました。被リンクを多く張っていくことで、不当に上位表示させようとする輩が増えたことで、それを是正しようとする Google の技術革新の結果、量から質へと変化していったのです。

コンテンツはオリジナリティ重視

1ページ内のコンテンツ量には特に決まりはありません。極端な話、「ホ ームページは移動しました」という数行のホームページでも検索結果ペー ジの上位に表示されることがあります。 ただし、 1ページのボリュームが極端に多い場合は、スパイダーが途中 で収集を放棄してしまう可能性がゼロとは言えません。また、それ以前に、 縦に何度もスクロールする必要があるホームページはユーザピリティとい う点で失格です。ページ外要因とユーザピリティの両面から、ホームペー ジを分割した方が優れています。何度も縦スクロールをするようなホーム ページは分割するようにしましょう。 むしろ重要なのは、ホームページのボリュームの大小よりも、オリジナ ルコンテンツを含んでいるかどうかです。オリジナルコテンツが全く無 いホームページを大量生産することはデュープリケイト・コンテンツというSEOスパムに該当してしまいます。たとえオリジナルコンテンツを含んでいても、タイトルタグやメタタグ のdescription属性およびボディタグ直下が同ーの場合はロボットに軽視されるケースもあります。Googleツールパーのリンク元機能を使うと「最も的確な結果を表示するために、上の00件と似たページは除かれています」という表記が時々見 られます。ここで表示きれないホームページを比べてみると、オリジナルコンテンツがあってもタイトルタグやボディタグの直下の文言などが類似しているケースが該当します。 同じフォーマットのページを作る際、ページごとコピーして最低限必要 な部分だけ書き換えてよしとせず、しっかりとページ内要因のSEOテクニ ツクを各ホームページに施すようにしましょう。

検索エンジンに評価される運営方法

SEO は、「一度対策してしまえばそれで終わり」というものではありません。実は、ブログの運営状態が、表示順位に影響することもあるのです。検索エンジンのロボットは、定期的にブログを巡回しています。なぜ巡回しているのかというと、ブログに何か変更があったのかどうかを確認するためです。ここで、 一定期間何も変更がなかった場合、ロボットが来なくなることもあります。したがって、できるだけブログは更新するといいでしょう。どうしても更新できない場合は、日付を変えるなど、少しでもいいので変化させるといいでしょう。また、検索エンジンは、ブログを長く運営すればするほど、高く評価してくれるようになります。これは、スパムは長く続かないので、長く生き残るブログは優良なブログだと判断されるためだといわれています。といっても、ブログを長く運営するのも大変です。

効果的なキーワードの個数は、1記事あたり2個以内

SEOにおいてキーワードを選択する際、使用するキーワードの候補として多くの単語を考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
ここで注意が必要なのは、キーワ ードは多すぎても逆効果になりかねないということです。

なぜなら数多くのキーワードを入れこんだ記事の場合、1つ1つのキーワードの重要性や訴求力が下がってしまいます。

そのため結果的に、検索エンジンでの検索結果での順位も下がってしまう可能性も高くなってしまうことでしょう。

 

記事1つあたりに入れ込むキーワードは、1~2個に収めておくのがもっとも効果が出やすいと言われています。

何個も入れようと欲張りすぎず、しっかりと厳選したキーワードのみを使用するのがお勧めです。

 

SEOを成約に結び付ける

成約に結び付きやすいサイトとは、まとめると次のようになります。

・わかりやすいサイト

デザインは特にみすぼらしくなければ大丈夫ですが、とにかくわかりやすいサイ トにしましょう。そのためには、何をやっているサイトなのかをページ上部に大きくはっきり表示させる必要があります。「そんなこと当り前じゃないか』と思われ るかも知れませんが、実はこれができていないサイトが非常に多いのです。デザインのみを重視し過ぎたり、サイトに難解なヒネリを入れたりすると、これとは逆のことになってしまいます。
決して自己満足ではなく、初めて見に来る利用者の目線に立ってサイトを制作し ましょう。

・購入するメリッ卜があるサイト

よほどあなたのサイトでしか売っていないようなものでない限り、見に来た人は他のサイトでの購入を比較検討します。明確にここで買うメリットを感じない限り、他のサイトヘ行ってしまいます。あなたのサイトで買うべき理由、そしてなるべく 今すぐ買うべき理由を強調しましょう。

・信頼性の高いサイト

いくらサイトがわかりやすく、かつ良い商品だと思っても、信頼性に乏しいサイ トでは成約に結び付きません。 信頼性を高めるためには次の2点を行いましょう。

①体験談を充実させる

②運営者の言葉と顔を載せる

サイトは常に利用者目線で作りましょう。購入に至るためには、利用者のすべての疑問に的確に答える必要があります。それがすぐにわかるように表現できれば勝ちです。

台湾ヘ向けたマーケティング

台湾のネット普及率は69%と、アジアでも比較的高い部類に入ります。ユーザーの7割がFacebookアカウントを保有するなど、ソーシャルメディアも浸透してきています。オンライン広告市場は3.46億USドルで、今後も成長が予測されます。また、台湾の主要言語は中国語ですが、中国本土とは違い繁体字が使われているので、中国大陸向けとは別に繁体字のウェブサイトを構築する必要があります。 台湾は世界的に見ても、Yahoo!のシェアが高い国のlつです。Yahoo! TaiwanとGoogleが半数ずつを占めているため、両方へのSEO SEMが必要になります。 ちなみに、中国ではトップシェアを誇るBaiduですが、台湾でのシェアはわずか0.1%しかありません。中国とはまったく別のマーケットとして、マーケティング戦略を立てる必要があります。

 

Googleの検索エンジン

 Y a h o o ! J A P A N は、 G o o g le の 検 索 エン ジンと検索連動広告配信システムを採用すると公表しました。基本的には、Googleと同じアルゴリズ ム で 検 索 サ ー ビ ス が 提 供 さ れ て い ま す 。

日本国内での検索エンジンシェアは、 、 Googleが39,6%YahoolJAPANが50.4%と言われていました 。Yahoo! J A P A N の 検 索 も 含 め る と 、 日 本 で は 9 0 % も の シ ェ ア で G o o g le の 検索エンジンが使われていることになるので、今後の SEO対策は、 Googleを中心に考えましょう。

日本における検索 エンジンは、 Googleや Yahoo!JAPAN以 外 にら多数存在しています。主な ものは、Bing、Ask,AOLなどで、 日 本  の 場 合 は Google、 Yahoo!JAPAN以 外 の これ ら数 社の合計シェアが 10%ほどとなっ ています。

Googleの検索エンジンについて

Googleの検索順位決定のアルゴリズムは、 複雑と言われています が、基準ははっきりしています。被リンクの量と質が重要視されてい るのが特徴で、情報量が多く、質の高いサイ トは上位に表示されるケ スがほとんどです。Googleのサイ ト運営に関するガイドラインを確 認することにより、理想的なサイ トの構築を行うことができます。

S E O を 行 う こ と を 考 え る と 、 Y a h o o l J A P A N が G o o g le エ ン ジ ン を 導 入 し た こ と に よ り 、 シ ン プ ル に 考 え て 行 動 で き るようにたよっ た と言えるで しょう。

デザインとSEO

Web技術も多岐にわたり、フォントは、 多くのユーザーが見やすい大きさにな っていて、判別に困らない色 であることが必要です。小さい文字の方がカッコイイであるとか、 判別できないような文字だけれども、デザインを重視して 薄い色 を使うなどという、独りよがりの論理は避けるべきなのです。 デザインはもちろん重要な要素です。しかし、自分自身がよいと 思っていても、多くのユーザーが見にくいなら、それは誰のための Webサイトなのでしょうか。Google が推奨する仕様は多くのユー ザーから支持される仕様になっているか考え、ガイドラインに 沿ったっくりとなるようにしましょう。