WEBサイトの構造の整理

◎WEBサイトの構造の整理
WEBサイトの構造を整えることは、ユーザーに使いやすいだけでな く、SEO対策の効果も得られます。その主なメリットは、キーワードの出現頻度の向上です。コンテンツを個々のWEBページに分けると、必然的にそれぞれのページの情報が限定されるため、キーワード出現頻度の向上に繋がります。検索エンジンは、特定のキーワードとページとの関係性の高さを調べるために、そのキーワードの出現頻度をチェックします。ページごとの情報を絞ることで、ページ内での特定のキーワードの含有率があがるため、そのキーワードで検索されたときに、検索順位がアップしやすくなります。
階層構造によってページのリンクが単純化され、検索エンジンがデータを取りこぼす可能性も減ります。 検索エンジンは、あまりにトップページから遠いページは、indexしてくれない場合があります。大量のコンテンツを同じ階層に置き、それらのページ を雑然とリンクしていた場合、検索エンジンがきちんとデータを回収しきれないかも知れません。つまり、ページを階層化することで、全てのページが最大でも階層の 深さと同じ数のリンクでたどり着けるようになり、indexされない事態を減らせるのです。