記事の執筆スタイル

ホームページのアクセスアップを目指している場合、定期的な記事の更新が効果的です。できれば毎日続けていれば、ページのボリュームも増えて検索結果も上がりやすくなりますし、ファンがついてくれるという場合もあるかもしれません。しかし毎日の更新となると、どうしても負担になってしまいますし、会社のWeb担当であったとしても割ける時間は限られてしまいます。時には「書くことが何もない」という問題に直面してしまうこともあるかもしれません。では、毎日の記事更新を行うためには何をしていけば良いのでしょうか。まず、ブログ更新の時間だけでなく、隙間時間にネタをストックしておく、もしくは書き溜めておくことが大切です。このネタは使えそうだと思えば、スマホのメモアプリなどを使って書き進めていきます。もちろん株式相場などの時事性のあるようなネタはその場限りしか使えませんが、ストックできるものはどんどん溜めていきましょう。時間ができたときに溜めたネタを使って、少しずつ記事を書き進めていきます。ブログは時間指定の投稿ができるので、数日分の投稿記事を先に作っておけば、しばらく休みを取ることも可能です。多くの記事を書いていくうちに、自分に合ったスタイルを見つけていくことが可能です。はじめに導入部分を書いたらスラスラ書き進められるのか、結論を書いてから進めていくのか、起承転結のボリュームを少しずつ増やしていくのかなど、自分がどんなやり方をすれば早く書けるのかスタイルを確立していきましょう。今まで執筆に時間がかかっていたと思っていても、書き方を変えたらスムーズにできるようになったということもあり得ます。初めはとにかく数をこなして、慣れていくところから始めていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です