ペンギン?パンダ!?

多くのWeb サイトの運営者や管理者の中で、 SEO 対策が、注目されているようですが、実際に、正しい管理や運営が行われている中では、自然発生的に Web サイトが評価され、ユーザーたちからも支持されるといったことが、望ましいのですが、ライバルたちなどの競合の中で、多くの集客数を得て行くには、正しい SEO が行われていく必要があるでしょう。実際に、従来行われていたような悪質、かつ詐欺まがいの対策は、ペンギンアップデート、もしくはパンダアップデートなどといったような形で、 Google からのペナルティは実地されているようです。このような Google からの 作為は、「ペンギン」もしくは、「パンダ」に表されているように、悪さをしている関連業者等に、「白黒」つけさせるといったような意味合いがそこには秘められているようです。主に、ペンギンのアップデートは、外部からの不正なリンクを無効化したり、ペナルティを加えたりしているようで。すまた、パンダアップデートは、内容のないコンテンツや、内容の薄いウェブページに施され、また、著作権を侵害されるなどと言われているコピーコンテンツなどに対しても、厳しい対処を行っているようです。このような形で、見掛け倒しの Web 運営や、制作を行っている関係者等のウェブサイトは、 Google の監視によって、正当にウェブサイトを運営している人々に、検索エンジンの上位ランキング表示をもたらしているので、実際には、このような詐欺まがいの対策をしている Web サイト運営者や管理者は、ゼロにはなっていないなどと言われていますが、大変リスクの多い手法であるということは周知されたようですので。皆さんがそのような手法に、手を染めない限りはそのようなペナルティを受けることはないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です