お客様の「表向きのニーズ」と「本質的なニーズ」

マーケティング戦略やSEO対策の中においては、お客様の本質的な動向を探る事が、それぞれの戦略にとって重要視されています。「お客様の動向」=「ニーズ」などと、マーケティング用語などでは呼ばれているようです。今回のマーケティング戦略&SEO対策を考察する為のプロセスにおいては、それぞれのお客様の「ニーズ」を2種類に分類し、「表向きのニーズ」と「裏側のニーズ」として考えてみましょう。マーケティング戦略やSEO対策において、お客様の「ニーズ」を読み取る時に、「表向きのニーズ」に隠れるように「裏側のニーズ」が存在する事を仮定しながら、それぞれの戦略を考察していきたいと思います。お客様が、商品やサービスを手に取って購入する訳として、お客様の「ニーズ」が、その働きかけを行ってくれます。お客様が、その商品やサービスに「ニーズ」を見出したからこそ、購入にまで至った訳なのです。逆に、お客様が、皆さんが提供する商品やサービスに「ニーズ」を感じなければ、お客様は、商品やサービスから離れて行ってしまうでしょう。「ニーズ」には、「表向きのニーズ」と「裏側のニーズ」があると申しましたが、これは、「お客様の本質的なニーズ」を読み解く、とも言い換えられます。例えば、通信販売を利用して「ミキサー」を購入したお客様がいたとします。このお客様は、「ミキサー」がただ単に欲しくて購入したのかもしれませんが、その裏側には、「ミキサーを使って、毎朝スムージードリンクを作る事で、ダイエットをしたい」と考えているかもしれません。この場合、お客様の「表向きのニーズ」は、「ただ単に、ミキサーが欲しい」ですが、その「裏側のニーズ」として、「ミキサーを使って、スムージードリンクを作り、ダイエットしたい」という本質的なニーズが隠れているかもしれません。この場合のお客様の「本質的なニーズ」は、ミキサーを購入する事ではなく、「ダイエット」をしたいという事になります。お客様の、「表向きのニーズ」に隠れた、本質的なニーズを読み解くことは、マーケティング戦略の新たな突破口を見出すキッカケとなったり、SEO対策における隠れた「キーワード」をみつける鍵と成り得る新たなる可能性を秘めています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です