自動化されたク工リ

「その他のキーワード、関連キーワード」を利用したスパムに関連した話題として 、Googleの利用規約では、自動化されたクエリはその種類にかかわらず、Googleからの明示的な許可を事前に得ることなくGoogleのシステムに送信することが、禁止されているということを覚えておきましょう。
リソースの浪費につながる自動化されたクエリの送信には、WebPosition Goldなどのソフトウヱアを使って自動化されたクエリをGoogleに送信し、さまざまなクエリによる Google検索結果でのWebサイトやWebページのランクを調べようとする行為も含まれます。

SEOにおける外部要因と内部要因について。
SEOの施策は大きく外部要因と内部要因に分けられます。
以前は外部要因が重要視され、さまざまな外部要因UPのためのスパム行為が横行しました。
しかしその影響で、現在では内部要因が重要視されつつあります。
つまり、外部要因の評価に重点を置くと、悪いことをする人たちが多いので、Webサイトの真の評価である内部要因が見直されてきたのです。
もちろん、外部要因を無視するということではなく、従来通り被リンクなども評価の対象になっています。こちらもスパム行為の影響で、「本数」重視から「質」重視へと様変わりしています。
つまり、リンクファームなどから数百本、数千本という被リンクを受けても、大きなプラス要因になることはなく 、リンクの本数が少なくてもPageRankの高いWebサイトからの被リンクを重要視するように見直されてきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です