コンテンツはオリジナリティ重視

1ページ内のコンテンツ量には特に決まりはありません。極端な話、「ホ ームページは移動しました」という数行のホームページでも検索結果ペー ジの上位に表示されることがあります。 ただし、 1ページのボリュームが極端に多い場合は、スパイダーが途中 で収集を放棄してしまう可能性がゼロとは言えません。また、それ以前に、 縦に何度もスクロールする必要があるホームページはユーザピリティとい う点で失格です。ページ外要因とユーザピリティの両面から、ホームペー ジを分割した方が優れています。何度も縦スクロールをするようなホーム ページは分割するようにしましょう。 むしろ重要なのは、ホームページのボリュームの大小よりも、オリジナ ルコンテンツを含んでいるかどうかです。オリジナルコテンツが全く無 いホームページを大量生産することはデュープリケイト・コンテンツというSEOスパムに該当してしまいます。たとえオリジナルコンテンツを含んでいても、タイトルタグやメタタグ のdescription属性およびボディタグ直下が同ーの場合はロボットに軽視されるケースもあります。Googleツールパーのリンク元機能を使うと「最も的確な結果を表示するために、上の00件と似たページは除かれています」という表記が時々見 られます。ここで表示きれないホームページを比べてみると、オリジナルコンテンツがあってもタイトルタグやボディタグの直下の文言などが類似しているケースが該当します。 同じフォーマットのページを作る際、ページごとコピーして最低限必要 な部分だけ書き換えてよしとせず、しっかりとページ内要因のSEOテクニ ツクを各ホームページに施すようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です