台湾ヘ向けたマーケティング

台湾のネット普及率は69%と、アジアでも比較的高い部類に入ります。ユーザーの7割がFacebookアカウントを保有するなど、ソーシャルメディアも浸透してきています。オンライン広告市場は3.46億USドルで、今後も成長が予測されます。また、台湾の主要言語は中国語ですが、中国本土とは違い繁体字が使われているので、中国大陸向けとは別に繁体字のウェブサイトを構築する必要があります。 台湾は世界的に見ても、Yahoo!のシェアが高い国のlつです。Yahoo! TaiwanとGoogleが半数ずつを占めているため、両方へのSEO SEMが必要になります。 ちなみに、中国ではトップシェアを誇るBaiduですが、台湾でのシェアはわずか0.1%しかありません。中国とはまったく別のマーケットとして、マーケティング戦略を立てる必要があります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です