検索エンジンが検知できないJavaScript

◎検索エンジンが検知できないJavaScript
JavaScriptですが、実は検索エンジンとはあまり相性が良くありません。 なぜなら、ほとんどの検索エンジンはJavaScript を無視するからです。 一般的にJavaScriptは、ユーザーがブラウザなどでペ ージを閲覧する際の機能を高めるために使われています。そのため、そういった機能が重要ではない検索エンジンにとっては、 JavaS cript を読んで、中身を解釈する必要があまりないのです。 したがってJavaScriptを使っているページでは検索エンジンに JavaScript が 「無視される」ことを念頭において、SEO対策を行う必要があります。
◎JavaScriptを別ファイルにしてキーワード密度を保つ
検索エンジンがJavaScr ipt を評価しないということは、ホームページ中に書かれたJavaScript のデータは検索エンジンにとってあまり意味のないデータということになります。 まず、 JavaScript がHTML内に記述されると、それだけでホームページ中のキーワー ド密度を下げることにつながります。 さらにbodyタグの直後など、キーワードが重要視される場所に記述してしまうと、せっかくの特等席を無意味なデータに取られてしまうことにもなります。 こういった事態を避けるため、 JavaScriptは別フ ァイルに保存すると良いでしょう 。HTMLでは、 JavaScript だけを別のフ ァイ ルとして保存 しておき、ホームペ ージからはただファイル名を指定して呼び出すようにすることも可能なのです。これはSEO対策でのクローラビリティの部分のSEO内部対策です。