メタタグの乱用は駄目

◎<meta> タグの乱用が、検索エンジンでの評価を下げる
最近では、これらの<meta> タグをあまり重要視しない検索エ ンジンも多くなっています。なぜかというと、ある時期SEO のテクニックとして、メタタグにそのサイトとは無関係だがよく検索に利用さ れるキーワードをたくさん埋め込んで、それらのキーワードで検索を行った人を自分のサイトに(キーワードとは全然関係ないにも関わらず)誘 導することで、サイトのアクセス数を上げようとするテクニックが横行 してしまったからです。これは、SEOペナルティーに現在はなります。その結果、これらの<meta> タグの情報が信頼されなくなってしまいました。 このおかげで、現在では<meta> タグを記述しでも、検索エンジンに よっては全く無視するか、読み込みはしてもそれほど重要視しなくなっ ています。例えばGoogleでは、これらの<meta> タグの内容をホームページ中の他の文字データと全く同じように扱います。

あまりたくさんのキーワードを記述したり、サイトと無関係のキーワードを入力すると、 <meta> タグを悪用しているページとして、 スパムページに認定されてしまう場合もあるので、注意しましょう。