メタタグで有効期限を設定

◎<meta> タグでページの有効期限が設定できます。
<meta> タグはどんなに記述しても 、ホームページに表示されることはありません。 それは、 そこに記述された情報がホームページの内容ではなく、そのホームページを説明する情報だからです。 これらのメタデータは、ブラウザなどのプログラムが、 HTMLファイルをより便利に活用できるように付随させるデータなのです。 SEO対策では必ず入れてください。例えば expiresというキー ワードを利用すれば、そのページに有効期限をつけることができます。
<meta http-equiv=”expires ” content= “”>
このように記述しておけば、そのHTMLファイルを表示したプログラム(ブラウザ)がそのページの有効期限を取得し、現在時刻 と比較してそのページが現在有効であるかどうかを知ることができたり、データを再読み込みするタイミングを知ったりすることが可能になります。