SEO対策とはなにか

SEO対策とは、search engine optimizationの略で検索エンジン最適化の事です。Google,yahooなどのような検索エンジンのルールにそったWEBサイトを作ることで対象のWEBサイトを検索結果の上位に表示させ集客することを言います。SEO対策がもたらすメリットにはWEBの世界でコストをかけた宣伝が要らなくなります。ほとんどの人がURLではなく検索エンジンの検索結果からWEBサイトを訪問するようになった現在では検索結果に表示されないWEBサイトは利用されません。SEO対策は西都が利用されるために必要不可欠なもので高い成果を上げるために重要な技術です。

検索エンジンにはGOOGLE,YAHOO、BEINGがあります。Googleとyahoo!のシェアは90%以上ですので、この2つを中心にする必要があります。Beingはマイクロソフトの検索エンジンで5%くらいはシェアがあるそうです。とりあえずのSEO対策はGoogleへの対策を中心にしながらも他の対策もするようにしましょう。

SEOは仮説

検索エンジンのロボットは意図的に検索結果を操作するすべての行為を禁じています。
そのため、検索順位に影響する検索順位の決め方などSEO対策につながる情報はトップシークレットです。
検索順位の決め方はGoogleも公表していませんがガイドラインがあるのでそのガイドラインを守るようにしましょう。

SEO対策は専門家だけにしかできない施策ではありません。検索エンジンの技術が進歩してコンテンツが正当に評価されて様々なツールが制作や運用を助けれくれる現在SEO対策は専門家でなくてもできるようになりました。SEO対策は検索結果につながらう情報が詰まったブラックボックスの中身を推測するようなものです。検索エンジンは素人もプロも一律同じアルゴリズムで評価して順位を決定します。SEO対策を実行するには非常に専門的な知識が必要だと思う方が多いようですが実はそこまで専門的な知識は必要ありません。

SEO内部対策を行う

内部対策とは、検索エンジンに適切に読み込んでもらえるようにキーフー ドを含めたタイ トル やキ ーワードに関連するタグを設定していくことです。 社内に一人でも HTML ソース を理解できるスタッフがいれば万全ですが、 HTML については本書でも最低限必要な解説を記載 しているので、お読みいただきながら作業を進めていくことができます。 HTML での一番のポイン卜は、「必要なタグだけを覚え使う」ことです。 HTML のタグはたくさんありますが、なかにはあまり使わないタグもあるの で‘必要なタグだけ覚えておきましょう。

コンテンツ対策を行う

コンテンツ対策とは、ホームページの記事コンテンツの部分を最適化し、 訪問者にとって役立つ情報を掲載することです。作業の中で一番大変で重要 部分が、このコンテンツ対策です。しかし企業としてマンパワーを注ぐこと で、よいコンテンツ対策が行えます。ホームページを利用するユーザーが困っ ていること、探していることのヒントや解決手段などを記事にします。ホー ムページはページ数が多ければいいというものではなく、訪問者にとって有意義な記事にしなければ検索エンジンも重要視してくれません。 訪問者にとって有意義なコンテンツとは、検索されたキーワードに対して 的確な回答を返しているコンテンツです。その他、その会社が独自に伝えた いことやオリジナル性があり他のサイトと重複していない内容です。ホームペ ージでは、検索キーワード に対して的確な回答を用意 して おく ことが必要です。 コンテ ン ツ対策ではオリジナル性を出 し、わかりやすく伝えていきます。

外部対策を行う

外部対策とは、自社ホームペ ージ以外からのサイトにリンクを張り誘導することです。外部対策の例を挙げるとすれば、一昔前の SEOで行われた相互 リンクがあります。リンクページを作成し、お互いのサイトにリンクを貼る のが相互リンクです。 しかし近年では、検索エンジンのアッフデー トが定期的に行われ、その相 互リンクでもブラックな SEO と認識されるとペナルティを受け、順位がダウ ンするので、注意が必要です。
企業のホームページによって、外部対策を行う必要がある場合とない場合 があります。どのような場合が外部対策が必要なのか、本書で詳しく説明し ています。外部対策を担当する方はぜひお読みいただき、実践に活かして外部強化してください。